恋する秋田 - 秋田の特産品・グルメ・温泉などを網羅した観光ガイドブックの公式ホームページ。お中元やお歳暮にぴったりなギフト情報も満載!

トップページ > 恋する秋田ギフト > 秋田のお酒 > 喜久水 縄文能代・喜三郎セット

喜久水 縄文能代・喜三郎セット

  • 350

米処が誇る特選日本酒ギフト

明治8年、初代平澤喜三郎氏が秋田県能代市に創業した蔵元、喜久水酒造。鉄道用地下トンネル跡地を日本酒の貯蔵庫として使用した「トンネル地下貯蔵」があることで知られています。地元能代の地に深く根ざし、より高品質な酒を作っていくこと」を日々意識しながら酒造りを行っている酒蔵です。 「能代」 縄文時代の口噛みの酒から発達してきた日本酒の醸造方法で、現在の最候峰をいくこの吟醸酒は、お客様の喜ばしい晴れの日のお酒としてご愛飲ください。 「喜三郎の酒」 喜久水の名称がまだない明治の頃、能代港町の荒町に、平沢喜三郎商店は「喜三郎の酒」の名のもとに、土地のひとびとに親しまれていた頃に誕生したお酒です。

喜久水

明治8年、初代平澤喜三郎氏が秋田県能代市に創業した蔵元、喜久水酒造。藩政時代からこうじ屋を営み、その前身は弘化年間(1844-1849年)にさかのぼると言われています。喜久水酒造で醸される日本酒は、創業当時から「喜三郎の酒」として地元の酒豪たちに親しまれ、「日本の御国と共に祝うべし、幾千代くめどつきぬ喜久水」という歌から名付けられた「喜久水」の名が浸透したのは大正時代に入ってからだという。現在は、6代目喜三郎氏により数多くの銘柄を造り出しています。

ご購入はコチラ